クルマ通が語る!あんな車こんな車

自動運転の勘違い

国土交通省と警察庁は、2017年4月14日、市販車に搭載されている現在の自動運転について機能の限界や注意点を正しく理解した上で、ユーザーに対して十分に説明するよう自動車業界団体に申請したと発表しました。

 

こんな要請は、正直言って異例ですね。

 

事の発端は、2016年11月、千葉県八千代市で起きたセレナの事故。

 

セレナの試乗車が「プロパイロットシステム」を使用して走行していた際、前方にクルマが止まっているのを運転者が認識していたにも関わらず、営業マンが誤った認識に基づく指示により、ブレーキをかけずに前進。

 

結果、前のクルマに追突し、追突されたクルマに乗っていた2名が負傷する事故が起きました。

 

セレナはレベル2の高速道路での運転を支援する「同一車線自動運転技術」を危険と察知して自動ブレーキをかけるエマージェンシーブレーキを搭載していますが、自動停止できるのは40km/h以下。

 

市場したセレナはおそらく40km/h以上出ていたのでしょうね。

 

しかも事故当時は夜間で雨が降っており、追突された車のボディカラーは黒という厳しい状況でした。

 

そもそもセレナは昨年のデビュー時のCMで自動運転をアピールしていましたので、”勘違いしている人が出てくる”と思っていましたが・・・やはり。

 

それにしても、一般度を走行中に営業マンが自動ブレーキを体感させようとして、ブレーキを踏まないようにお客さんに指示していたとは無謀極まりないですね。。。

 

自動運転はこの先の日本に必要なシステムであることは間違いありません。

 

ただし、こうした認識の違いによる事故で、せっかくの技術の進歩に待ったをかけるようなことにならないことを祈るばかりです。